管理人パチスロコラム

【コラム】2017年の振り返りと2018年のパチンコスロットに関して

更新日:


どうもeastです!

かなり久々の記事になりました…w

スロパチネットに活気があるのは、けるさんの稼働記事のおかげです…!

そんな私ですが、
・この2017年のパチンコスロットを見て素直に思ったこと
・2018年以降はどうなるか?

この2つを自分なりにまとめてみました!

スポンサーリンク

個人的に2017年のパチンコ・スロットを振り返ってみると…

結論から言えば、

パチンコスロットともに、本当に何も印象に残らない一年でした。

スロットでは新基準では予想通り(?)ヒット作も出ず、
客側もホール側も、かなりしんどい一年だったかな?という印象です。

パチンコに関しても同様ですね。

一言で言えば、

打ち手もホールも、規制・規制で体力勝負の戦いだったかな?という印象です。

イベント告知や設置機種のタインナップもどんどん期待値が低く厳しくなっている中で、

打ち手は、勝てるホール、出しているホールを探して稼働していく。

ホール側は、出玉アピールをしつつ、ギリギリのラインでのイベ告知やどれを主力機種の模索。

相当脳みそを使った年だったと思います。

そりゃそうだ、誰にもメリット事しかないんだもん。笑

east自体はもうほとんど稼働をしていない状態ではありましたが、

毎日のようにパチマガでパチ・スロの情報で『なんか良い台ないかなー』とか『頑張ってるホールはないかなー』と、スマホでポチポチ情報収集はしていました。

中にはホントに頑張ってるホールもあり、状況自体はそこまで悪化していないホールもあるなー、という印象。

毎度のことですが、こういった時に、スマホで新台情報・食える情報を月に数百円でスマホから確認できるサービスはホントにありがたいですね。

2018年のパチンコ・スロットはどうなる?予想してみた

あくまでeastの見解ですが、自分はこう予測しています。

一言で言えば、

更なる体力勝負の年になる

これに尽きます。現状で明るい未来が見えていないパチ・スロの状況ですが、規制のオンパレードで更に厳しくなってくるだろうな、と思います。

つまり、体力がない中小規模のホールは、どんどん閉店していくだろう、と思います。
というか、ニュースを見てても既にそうなっていますが。

それに合わせて打ち手側も、パチスロ稼働を減らして違うことに時間を使う、というのもアリだと正直思います。

まだ戦える環境があるなら自分のエリア内にあるのであれば、ひたすら抜けばいいと思いますが、厳しくなってきた場合は少し様子見してもいいレベルですからね。

既にパチンコ専業・スロット専業が2016あたりからごっそり減ってきているという事を考慮しても、あながち間違っていると思えません。

個人的にも、きっかけ待ち・救世主待ちは変わらないスタンスです。

おわりに・2018年のスロパチネットの意気込み

記事を更新しようと何度も何度も思っていましたが、途中で記事をUPするのをやめてしまったことがかなりありましたw

1年の終わりに、何か書かないと、と記事を書きました。

2018年も、全てが”食えない機種”というのはあり得ないです。

厳しい状況でもしっかり勝てるような情報があれば、どんどん紹介していきたいなと思います。

今年もありがとうございました!来年も良い年にしましょう!

関連記事(一部広告含む)

パチスロ稼働必須ツール

データロボサイトセブン

全国の登録ホールの出玉データがスマホから確認可能な必須ツール!スランプグラフやボーナス当選確率なども確認できるので、ホールに足を運ばずして出玉状況をチェックできます。パチンコ・スロットの稼働状況も確認できるので、設定狙いやホール傾向の把握には必須です!

パチマガスロマガ

パチンコ・スロットの最新情報を得るのに必須の情報ツール。新台のスペックだけではなく、ボーダー算出やパチマガオリジナルの設定判別ツールなどの立ち回り指南ツールも重宝します。機種説明や攻略要素なども非常に丁寧に解説されていて、随時更新型なので常に最新のトレンドがすぐわかります。

-管理人パチスロコラム

Copyright© 即実践!スロパチネット , 2018 All Rights Reserved.