管理人パチスロコラム

【コラム】スロット北斗の拳・新伝説創造はなぜ大コケ?どこが糞台か考察してみた

どうもeastです!

コラムを書くのはいつぶりだろう?というくらいに間が空いてしまいましたね。。

最後にコラム書いたのいつだっけ?とさかのぼると…約三か月前でした。

前回記事
【コラム】2017年後半、スロット旧基準AT機の賞味期限迫る中でどう立ち回るのか?

どうもeastです! かなり久しぶりの管理人記事になります! 今回は、eastが見たここ最近のスロット・パチンコホールの状況から、 実際に稼働する際はどう立ち回るべきか?をデータを見ながら考えました! ...

約3か月前になりますが、新基準台のスロットは番長3が”まだマシレベル”で稼働しているだけで、

やはり新台も1週間持たずに通路と化しており、いくつかのホールは旧基準を再導入している店舗もあります。

今回は、直近では最も期待された大型新台?となっていた、

スロット新基準機『北斗の拳 新伝説創造』の大ゴケに関してちょっと書いてみます!


【コラム】スロット北斗の拳 新伝説創造はなぜコケたのか?期待値だけ載せておく

タイトルの通り、新基準では一応期待されていた?スロット新基準機『北斗の拳 新伝説創造』が大ゴケしていたので、紹介していきます。

eastはほぼ稼働はしなくなったものの、未だにスロバカなので月に数回はホールに行ってます…笑

打つのはハナハナ・ジャグ・絆・転生くらい(ATはハイエナメイン)なので、
新基準は客ぶっ飛びの風景だけ確認して相変わらず全無視していますw

しかし、最近唯一目に止まったのが、この北斗・新伝説創造。

理由は簡単。大量導入してたから目立った。それだけです。笑

ただ、打つ気には全くなれず、『あれ?これ強敵じゃねーじゃん!?ナニコレ?ま、いいや…スタスタスタ…』

という感じでしたが、そもそも新台数日でスタスタと通路化してしまう時点でおかしかったんですよね。

新台3日目で半分以上が空き台だったのでw

ホールにもよると思いますが、eastが訪れたホールではそんな状況でした。

で、最近ネットでたまたま北斗・新伝説創造に関する情報を見かけたどのサイトでもあまりにも酷評だったので、何がいけないのかを考察してみました!

北斗・新伝説創造はなぜそこまでコケたのか?評価をまとめてみた

自身で打たずしても、あの稼働状況とスランプグラフの無理ゲー感(サイトセブンや実際のホールのデータは見ました)でもはや興味すら沸きませんでしたが、なぜコケたのかを誰にでもわかりやすくまとめてみました!w

低評価:高評価=9:1

くらいの厳しい評価が目立っていましたが、意見として多く上がっていたのは以下の3つ。

ゲーム性に目新しさがない

単純に打ってて面白くない

とにかく、出ない

こんな評価が圧倒的なので、そりゃコケますよね。

実際に稼働している方たちの実践データを見ても、とにかく出てません。笑

とはいえ北斗シリーズなので、初期の稼働は見込めても、1回打って離脱するお客さんが多かったようですね。

典型的な大コケする要素しかない、ということですね。

ホールで聞いてみた!

とあるホールで、顔見知りのホール役職者がいたので『北斗・新伝説創造ってなんでこんなに客飛んでるの?』と聞いてみたところ。上記と同じ意見をそのまんま言っていましたw そのホールでは20台以上新台として導入しており、稼働は1~3割ほどしかつかず、設定6や設定45を毎日入れていても、全く稼働が上がらなかったと嘆いていました。『おそらく近々、減台します…』と言いながら会話は終了しました…。

【おまけ】一応、期待値だけ載せておきます

とはいえ、逆にハマリ台を拾いやすい環境になっているので、一応期待値は載せておきますね。

引用:パチスロ期待値見える化様より

ゲーム数天井は710G+αなので、

ハイエナ天井狙いのG数で狙う場合、

等価交換なら460G~
5.6枚なら520G~

※5.6枚は現金投資時

です。最低でも500半ばくらいくらいはないとしんどそうですね。

天井恩恵も特にないですし、ハイエナラインで落ちてなければ果敢に攻める必要はないと思います。

設定狙いに関しては、ものすごくわかりやすい状況であれば別ですが、客付きがすでに悪いのでそもそも平均設定も低くせざるを得ない状況になるのはこのままでは必須なので、高設定狙いの立ち回りは考えづらい機種ですね。

ただ、定例で全機種系のイベで設定6を入れてくるようなホールでは、設定6は115.1%あるので狙えますね。

そんな状況でもない限り、解析等も特に見る必要はないかなと個人的に思います。(※あくまで個人的な意見ですので悪しからず)

スポンサーリンク

まとめ

ちょっとネタにはなるかなと思って、久しぶりにコラムを書いてみましたが、やはり暗い話題になってしまいますねw

eastの地域でも、2017年10月からライター来店系のイベントが禁止になったこともあり、今まで以上に集客が大変な状況があります。

逆にイベント規制が更に厳しくなった今は、出玉でアピールするしかなくなっているので、知り合いから入ってくる情報は結構明るいものが多いです。

ホールによっては迷走しているところもありますが、『もともとの特定日イベをもっと大事にしていく』という方針で、

客寄せに必死なホールが多いので、狙うホールを選んでいけばそれなりに戦えます。

今後も客付きを良くさせたい機種では『オール456』や『オール6』ということをしているホールもあるので、今まで以上にホールデータをよく見ておけば、『客寄せ対策の還元シマ』の恩恵にあやかれるかもしれないですね(^^)/

サイト全国約2000ホール出玉情報チェック

現状を見ていると、サイトセブンのようなホールデータが閲覧できるツールが今後もっと役に立ってくる可能性は上がると思います。

今回は以上です!

パチスロ稼働必須ツール

データロボサイトセブン

全国の登録ホールの出玉データがスマホから確認可能な必須ツール!スランプグラフやボーナス当選確率なども確認できるので、ホールに足を運ばずして出玉状況をチェックできます。パチンコ・スロットの稼働状況も確認できるので、設定狙いやホール傾向の把握には必須です!

パチマガスロマガ

パチンコ・スロットの最新情報を得るのに必須の情報ツール。新台のスペックだけではなく、ボーダー算出やパチマガオリジナルの設定判別ツールなどの立ち回り指南ツールも重宝します。機種説明や攻略要素なども非常に丁寧に解説されていて、随時更新型なので常に最新のトレンドがすぐわかります。

-管理人パチスロコラム

Copyright© 即実践!スロパチネット , 2019 All Rights Reserved.