クイーンハナハナ ハナハナ系

クイーンハナハナ-30解析まとめ【設定判別要素・設定差・基本スペック・子役確率】

更新日:

2015y03m18d_215351808どうもeastです!

クイーンハナハナ-30解析まとめ【設定判別要素・設定差・基本スペック・子役確率】を解説していきます!

僕自身が『ハナハナ帝国』と言っても過言ではない地域に住んでいるので、

個人的にも見直せるように、”即ホール実践で使えるような”内容にしています!

クイーン打つ方はブックマーク必須ですよ~!

ではどうぞ!

スポンサーリンク

クイーンハナハナ-30解析まとめ

クイーンハナハナ・基本スペック

設定BIGREG合算機械割
11/3091/5161/19396%
21/2971/4811/18498%
31/2841/4451/173101%
41/2701/4091/163104%
51/2561/3761/152107%
61/2401/3441/141111%

 

設定6で機械割111%とAタイプ機種の中でもかなり高め!

6だけ見れば、ジャグラーのどのシリーズよりも割は高いです。

クイーンハナハナ・打ち方(通常時・ボーナス中)

通常時
左リールはBAR狙いでチェリーとスイカをフォロー。
スイカまで滑ってきたら、中⇒右もスイカ狙い。

ボーナス中(BB)
サイドランプがキラキラと光った時のみ、スイカorチェリー成立なので狙う。
他はフリー打ちでOK。

※まれに純ハズレが出現するが、設定差もあまりないようなので特に気にしなくてOK。

ボーナス中(RB)
2015y03m15d_122848613
左リールにスイカ・7・スイカを一度だけビタ押し。中⇒右はスイカ狙い。
これによって、設定判別に必要なサイドフラッシュが左右点灯し、設定判別の要素になる。
あとはスイカをさけて打てばOK。

通常時よくフリー打ちを している人がいますが、スイカ・チェリーともに取りこぼしの可能性がかなりあがります。

通常時フリー打ちは自分で機械割を下げていますので注意です
意外と知らない!?ハナハナは通常時スイカ・チェリー取りこぼしで機械割がかなり下がる件

クイーンハナハナ・設定判別要素・設定差・子役確率

設定判別要素に使える項目を紹介していきます。
また、設定判別に関する優先順位(個人的にですが)も紹介しておきます。

①BB中スイカ確率(実践10万G)

設定スイカ
11/46.99
21/41.68
31/40.90
41/38.36
51/34.51
61/30.94

設定1で約1/50、設定6で約1/32と、分母が比較的小さい割に設定差がかなり出ている要素です。
一回のBBの消化G数はとりこぼしなしで24Gなので、試行G数もわりと稼げます。

②通常時子役確率(ベル・チェリー・スイカ)

スイカとチェリーの通常時子役確率は、ほぼ設定差はない模様(実践値では)
スイカで通常時約1/160、チェリーで通常時約1/49。

唯一、ベル確率には設定差がある模様。
(試行10万Gでのベル確率)

設定ベル
11/7.38
21/7.35
31/7.30
41/7.26
51/7.23
61/7.19

 

設定1で約1/7.4、設定6で約1/7.2と開きがあります。
公式発表はありませんが、実践値からのデータを見るにベル確率にも設定差があると思っていてOKだと思います。

ただし、かなり数値も荒れやすいので、ベル確率に重きを置くのは正直微妙かと思います。

③パネルフラッシュ(BIG後)

BIG後パネルフラッシュ確率(実践値)

設定パネフラ確率
11/10.2
21/9.5
31/8.7
41/7.9
51/7.1
61/6.4

 

BB後は、設定1で約1/10・設定6で1/6.4でパネルフラッシュ発生。

参考にはできますが、僕自身の経験値、他のサイト・ブログの感想等見ても、実践上はあまりアテにもならないようです(笑)

※ちなみに、フリーズ時のスペハナBBでのパネフラは1で約1/5、6で約1/3の模様。

④RB後のパネルフラッシュ確率(実践値)

設定 パネフラ確率
31/512
41/256
51/170
61/128

REG後のパネフラは、出現するだけで設定3以上が確定します。

ですが、上記の通り出現頻度は激低です(笑)設定6でもRの1/128でしかパネフラしませんからね(笑)

もしパネフラしても設定3以上が確定するだけなので、

ボーナス合算や他の内容も考慮しながら打つのがいいかと思います。

※設定56確定演出
REGでスペハナBGM変化+パネフラ

上記が起これば設定56確定!!時間の限りブン回し確定です(笑)

⑤R中サイドランプ振り分け

設定
159.08%39.36%1.56%
239.26%58.98%1.78%
358.89%39.16%1.95%
439.06%58.59%2.34%
558.40%38.87%2.73%
648.44%48.44%3.13%

今までのシリーズ同様、
・偶数設定なら右寄り
・奇数設定なら左寄り
・設定6のみ1:1

これはもうシリーズ共通ですね。

ただ、偶数4:6・奇数6:4・設定6で5:5という、

試行G数を重ねないとあまり参考にならない微妙な振り分けなのもネックです。

⑥スペハナBGMに関して

REG時に、通常とは違うBGMになります。

一応、設定差があります。

設定確率
10.78%
20.98
31.17
41.56
52.34
63.13

設定1~6全てで発生する可能性ありで、あまり参考になるほどのものでもないです正直(笑)

高設定ほど出現しやすいですが、1回程度ではあまりアテにはなりません。

まとめ

設定看破要素の優先順位は、

全シリーズ同じですが、

ボーナス合算⇒B中スイカ確率⇒Rサイドフラ⇒ベル確率⇒パネフラ

設定差のある判別要素のでも収束のしやすいものを上にしたので、この優先順位が一番良いかなと思います。

まあ、かな~りハナハナ打ちまくりの僕自身もそうです(笑)

クイーンハナハナはコイン持ちが他のシリーズよりも少し良い分、

キングやドラゴン・ニューキングと比べてもボーナスが若干重たくなっているので荒波仕様になっています。

しっかり設定判別して、できるだけ設定看破できるようにしましょう!

今回は以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-クイーンハナハナ, ハナハナ系

Copyright© 即実践!スロパチネット , 2018 All Rights Reserved.