管理人パチスロコラム

【参考】パチンコホールで上手に人間関係を構築する5つの方法

更新日:

どうもeastです!

今回は管理人eastのコラムです。

皆さんご存知だとは思いますが、パチンコホールという場所は、

良くも悪くも日常生活の空気とは少しかけ離れている場所です。

eastはもう10年以上パチスロをやっていますが、ほとんど誰かとガッツリ揉めた~なんてことは数える程しかありません。

もちろん、多少のもめごとはありましたが、これは人間関係を考えながら作れてきたということも関係しているのかなと思います。

ということで今回のテーマは『【参考】パチンコホールで上手に人間関係を構築する5つの方法』です!

スポンサーリンク

【参考】パチンコホールで上手に人間関係を構築する5つの方法

east自身が今まで意識して行ってきた『ホール内の人間関係の考え方・構築方法』を書いていきます。

賛否はあるかと思いますが、『くだらないトラブル』の回数は激減するかと思います(^^)/

①変な思考の人・感情的な人には極力関わらない

これは日常生活でも同様ですが、パチンコの魔力というべきでしょうか、

なにかのスイッチが入って少し様子がおかしくなるような人・すぐに怒る人とはなるべく関わらない方が良いです。

こういう人と付き合いがあると、経験上、後々厄介なことに発展する可能性が結構高いです。

②あいさつ・お礼をする

こんにちは・おはようございます・ありがとう・ごめんなさい

基本的な事ですが、あいさつやお礼はなるべくしましょう。
もちろん、機嫌が明らかに悪そう・負けが込んでいそうな知り合いに対してはスルー、もしくは軽くの挨拶にします。

③悪い印象の感情はなるべく出さないように意識

自分が思い通りに行かずに内心イライラしていても、絶対に感情は出さない!という気持ちが重要です。

機械に遊ばされて怒っている人間ほど、器の小さい人間はいないので。笑

④この人は・・!と思ったら迷わずジュース

人によってそのタイミングは様々ですが、

少し仲良くなって”情報交換等々、まともに会話できそうだな”と思った人がいれば、

ジュースを奢ってみましょう。きっともう少し仲良くなれます。笑

いつもその人が飲んでいるジュースがあれば同じものを、わからない場合は微糖コーヒーかお茶が王道ですw

⑤基本的に、負けている人とはあまり深く関わらないようにする

これは少しドライな話ではありますが、
パチンコ・スロットで負けている人は、感情も表に出やすくなっています。

会社経営や資金に余裕があって娯楽で遊んでいる人なら別ですが、そこまでは余裕でない状態で稼働している人が8割くらいだと思います。

負ける⇒負けが込む⇒どんどん余裕がなくなる⇒様子が変わる・精神的におかしくなっている

多くの人は、この悪魔のような流れが日常茶飯事です。

そんなどんどん余裕がなくなっていく状態の人が、果たしていつもと変わらない状態で人と接することができるのでしょうか?

・・と、考えていくと、やはりパチスロで負けている人とはあまり仲良くするべきではないです(リアルな友人を除いてですよ)

まとめ

もちろん、すべての人がこういった事にはあてはまらないと思いますし、

『それはちげーっしょ』ってこともあるかもしれませんが、

eastの経験上、こんな決まりでホール内でできた知り合いの付き合いは行っています。

となると、必然的に、

・勝ってる人
・社長など資金に余裕がある人

この2パターンの知り合いしかできないわけですw

もちろん多少はゴリゴリに負けてるけど良い人、という方もいますが、

やはり負けが込んでいる月などは顔つきが明らかに険しく、声をかける気にもなりません。

トラブルを未然に防ぐまではいかないと思いますが、

パチンコホールという特殊な環境の場では、こういった決め事をしておくだけでも稼働以外のストレスは減ります(^^)/

参考までに書いてみました。今回は以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-管理人パチスロコラム

Copyright© 即実践!スロパチネット , 2017 AllRights Reserved.